[Edit]

たまにはビールも

土曜日、こんなん飲んでました。
ビールっす
ビールですな。
手前がシュヴァルツ、奥がピルスナー、
舞浜の地ビール製造元ハーヴェストムーンさんのです。

んでここはどこかってえと幕張ですがな。

Makuhari Breweryさんがね、イベントやったの。
それに参加してきたんさ。
たんくがいっぱいやー
通常は入れない醸造スペースの見学会って感じかな。
4月ごろに醸造開始になるらしいのですが、今は機械が揃って
配線やったりしているところ。

だから今だけなら入れるのよね^^

というわけで自前のビールがまだ無いので
よー飲むな!
左がみかんのビール、奥がブラウンエールでございます。
手前のうにょうにょしたのはゴボウの素揚げ。
ばりばりしていておいしいよん。

…私が珍しく2杯も飲んだわけだが。
1杯が限界なんだけどね、いつもなら。
ぜんぜん知らない人にビール講義をしてもらってたら進んだわ。

知ってた?ホップって80種類ぐらいあるんだってよ!
アメリカとヨーロッパ産でね、風味が違うんだってさ!
日本でも頑張って作ってるけど高くて小規模醸造所じゃ手が出ないんだって!


などという話を聞きながらいい具合に酔っ払って帰ってまいりました。
いやだー
たぴさんは酔っ払い嫌いでしたもんねえ。
でもねえ…いいお酒でしたよ。
ええ、たまにはね、許してくださいよ、たぴさん。


Pagetop

[Edit]

釣ろうってわけじゃあ!

ええ、決してそんなね、二匹目の明太子を
狙っていたりするんじゃないんですよ。
ただ冬が終わる頃になると安くなるんですよこれ。
シルキーメリノです

あとこっちも
ウールだよ
たぶん、もうちょい春が近づいて
半端糸になったらもう一息安くなる…
はずなんだけど欲しい色が無くなるからね。

今年は寒すぎててか我が家が寒いのかもしれんが
この毛糸で編んだ靴下でもまだ冷える。
…ただの冷え性かもしれんけど。

次の冬もまたこんなに寒いのかどうかは
わからないけれど、夏の間にがっつり
編んでおこうかなー、と。
ほんとのねらいは?
えっ?
えっ…
ええ…っと…

いや、狙ってはいないっす。
てか冷え性には心当たりがあるんだけどさ…
足のサイズ知らんのだもん。

でもねー、もしこんなのでよければ
足が冷えて寒いんだよー、ってならば
お役に立てるといいかなー、って。

ええまあ。

アタシの手編みですしね。
色もこんなですけどね。
履くぞー、って方がいらっされば。

お心当たりの方はご一報くださいまし。
次の冬になるとは思うけど。
おしらせー
少なくともたぴさんは履いてくれんかったよ…



Pagetop

[Edit]

どうしてそんなに

今年もいつもと同様、ヒヨドリが来ておるのですが
いつもとちょっと様子が違います。
たいてい3羽、2羽がつがいで1羽があぶれモノ、なんだけど…

今年はみんなであぶれとる。

2羽は来るんですよ。でも常時いるのは1羽。
もう1羽はときどきやってきて、ずっといるのが
譲ってやっているからたぶんメスなんだろうなあ、と。

それにしてもこの、常時いるヒヨがですね…

虐待でも受けたことあるの?ってぐらい
ものすごい恐がりかたをしてたんです。
人間をね、ともかく避けてたの。

はるかに高い枝の上にいるんですよ、鳥なんだから。
なのに、ちょっと人の気配がするだけで飛んで逃げちゃう。
それもものすごい勢いで。

ヒヨなんて人間をメシの種と思っているぐらいの鳥なのに。

その恐がりヒヨが、2ヶ月以上経って少し慣れてきて
ようやく写真が撮れました。
とおいわ…
…遠いので、と。

ズーム。
ずんですな
あまりの丸っこさに、ずんちゃん、と呼んでおります。

どーも誰かを髣髴とさせるのよね…
む?
誰とは言いませんが。

まーね、鳥だって野のケモノなわけだし
懐け寄って来いってわけじゃないんだけど、
クソ厚かましいヒヨしか見たこと無かったもんだから。

ちょっと心配になったわけです。

たかがヒヨでも、安心して暮らしてくれると
いいなあ、と思うのですよ。
ねー
ねー。


Pagetop

[Edit]

雪に桜が

千葉のヒマラヤ、と呼ばれるたぴさんのお山。
行ってみましたら案の定
雪ですよ
溶け損ねたというべきかそもそも溶けるヒマが無かったのか
思いっきり雪が残っておりまして。
我が家の区画はちょうど雪の端っこのとこでございます。

せっせと雪をどけて、と。
さむいっす
うん?たまたまはまどれぬですよ。
たぴさん好きでしたから。

水も本当に冷たくて手が凍りそうなぐらいで。
こりゃあかん、と早々に退散。
と思ったら。
桜咲いてます
いくら早咲きの桜でもこのクソ寒いのによく咲いたなおい。
桜って日照時間で咲くんだっけか?寒さ関係ないんだっけ???

なーんて言ってたら
ろうばいです
蝋梅も咲く時期でしたか。
うむ。良い香りだ。

ちなみに蝋梅ってバラ科じゃなくてクスノキ科ね。
クスノキがあんなに甘い香りを漂わせるとはねえ。
種ができたら拾ってこようかな。

聞くところによると木金あたりにまた雪だとか。
もしかすると次の週末は雪と桜のコラボが見られるかも。

冬だけど春が近いんだねえ、と思ったお山でございました。



Pagetop

[Edit]

靴下で明太子を釣る

てなこって。
先日靴下をお送りしたらお礼にと
すてきな…
素敵なこーきゅー明太子をいただきました。
これは知らんかったから驚いたわ~。
昨今の明太子は進化しとるのなー!
おれくえねーし
アンタ靴下編んでねーし。

おかげさまで普段ほとんど食べないご飯を
昼夜食い続けて体重増加中のとどです。
ども。

いや、普段はね、昼食べたら夜は無し、とか
そういうふうにしとるんよ。
なにせ動かないから炭水化物あんま必要なくて。

だというのに。

だというのにっ!

うまいんだもんっ!!!

熱々ご飯に明太子、って最強やん…
わけわかんねー
いーんです理解されなくても。
ワタクシは一食一個、幸せかみ締めながら食ってんです!

今のところ、梅、岩のり、柚子、ホタテを制覇。
一番のおススメは柚子でしたわ。意外や意外。
明太子の生臭さが苦手な人でもこれならいけると思う。

次はチーズあたり攻めてみよっかなー。
ぼくのは?
ん?えーと…またお肉でも…焼いとけばいいかなーと。
ほら、高級グレさんのお菓子もお供えしてあるんだし。
たまには私をいたわってくれいっ!!


とゆーわけでひーままさま。
おいしくいただいております。
地獄に落ちて以来なんとなーく落ち込んだ気持ちが
浮上してまいりましたです。

食い物ってマジ偉大。

地獄に仏ならぬ地獄に明太子。

幸せってこんなふうにやってくるのだわ…



Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

月別アーカイブ