[Edit]

ゴーヤの時期が

性懲りもなくブックカバーを作り続けておりますが
そろそろ諦めようかと思ったりもしーの。
なかなかいい具合に収まらないですなあ…

今回は薄手の布を使ってみたんですが、手触りはね、
悪くなかったんだけどね、薄すぎてもアカン、って結果で。
本には沿ってくれるんだけど透けちゃうんだナ。

何によらず、ほどほど、って難しい。

というわけでゴーヤ。
今年は一個も実がなりませんでした。
なし?
うん。なっしんぐ。

植えたのが遅かったのは遅かったんですよ。
大規模修繕終わってからだから。
最後の最後に壁、塗ってたから終わるまで植えらんなかったし。

とはいえ。
震災の年に植えたときには同じ頃に
雑草ごーや
ワイルドに雑草化していたのに今年は育ちが悪いし花が咲かない。
ある種の優良経済植物(植えさえすれば収穫できる)のゴーヤがあ!

おかげさまで今年は2度しかごーやちゃんぷるーが作れんかった。
ぱんがなければ
どっかの女王様みたいなこと言ってんでねーわ。
サラダ胸肉とかいう加工食品流行でトリサンの胸肉も高騰しとるんよ?

某でっかい国がよーけ食すから豚肉牛肉も高くなってきてるし、
夏が暑すぎるとたまごだって高くなるし。
食糧事情、悪化中ですよ。
くったもんなー
そかもよー。

これからの時代は、食うもの自作できることが
生き残るカギかもしんないよ?

田舎に引っ込んで野菜作りやろうかしら…
さしあたってはとど父を畑で働かせて、と。
ひとでなしけんざい
あんだけ知識のある人材使わねー手はないわ。
よく働くし。

密かにもくろむワタクシでございました。


Pagetop

[Edit]

ぷぃんぷぃん

和胡さん、トライアルに入りましたよ~。
うまくいきますよーに、と願って願って…
あんまり願いすぎてもいかんかもなー

と思ったりしているとどです。
ども。
願いすぎるってなんか呪いっぽいし。

ところで最近、急に涼しくなって雨も増えましたね。
おかげで公園が
茂ってます
こんな感じになってます。
ここ数年、夏の盛りは枯れて茶色になっちゃってんすよ。
んで8月の終わりか9月頭ぐらいに雨が降ってぼーぼーになる。

そして蚊だらけになる、と。
うるさいの
もーね、家の中に入ろうとしてガラスにアタックかけてんの。
それが中から見えるの。
ここにえさがいる!って思われてるのね。

今の時期の蚊ってパワーアップしているから
すんごい勢いで飛びついてくるし、恐いぐらいっすわ。
水が増えると蚊が増える、はどうにかならんもんか、です。

蚊ってね、吸った分だけ卵産めるのよ。
普通の虫は、卵100個産むとしたら100個分の栄養をたくわえてから、なのね。
蚊は20個分しか吸えなかったらとりあえず20個だけ産んどく、ってことができる。

だもんで、ヒットエンドランのちまっとした吸い方もされちゃうんだなあ。
なんでもありね
そーなのよ。
ともかく数打ちゃ当たる、で吸いまくっているらしい。

夏の暑さは我慢できるけど、あの、蚊だけはもー…
どーにかならんもんか。

早く蚊がいなくなってくれんかなー
と思いながら、毎日蚊取り線香を消費するのでありました。


Pagetop

[Edit]

感心したわ…

日曜日はちょいと未来公園まで行ってたんですけどね、
といっても和胡さんに会いに、ではなくお届けモノがありまして。
んでその帰りのことなんですが…

車で走っていたら、まん前に左側から救急車が出てきたんです。
もちろん停止して先に通したんですが、進行方向に車が大勢いて、
さらには対向車線にも車がいて、通れないんじゃないの?って。

そしたらば。

全車いっせいに脇に寄せて停止。

いや、当たり前っちゃあ当たり前の行動なんですよ?
でもうちのあたりなんて停まりゃあしねえわ避けねえわ、
歩行者だって、なにみんな止まってんの?って渡っちゃう。

なにせ救急車に乗り込もうとする犬までいる始末。
のるでしょ?
いやそれは「のり」が違うわ。

はいるでしょ?
ならんわ。

救急車をタクシーにしちゃいけません。
かんけーねーし
あの世に救急車があったら恐いわ。

と。
そういうの見慣れてたから、うわー、お見事!って感心しちったわけです。
すげーな、久喜市民…か、越谷市民…のあたり。

ちょっと感心したオハナシでございました。



Pagetop

[Edit]

名前の理由

ふと、和胡さんって今度はどんな名前になんのかなー、と。
わこ?
名前、即興でしたが、ちゃんと意味を考えてつけてたんですよ。
「わこ」と思ってくれる人がいてくれますように、って。

「わこ」は「吾子」です。わが子、ね。
わが子と思ってくれる家族に巡り会えますように、と。

名前聞いて「わが子のことかい?」と聞いた人がひとりだけいたな…

カイヌシの知り合いの方のお父上だったが
犬が苦手ってことで近くには寄られなかった。
でも「このコなら俺でも大丈夫そうだ。いいコだな。きっと幸せになるよ」って。

名前ってのは祈りてか呪文みたいなもんでね、
「和胡」って名前は役目を終えたわけだな。
ひらがなにするとか漢字を変えるとかいうのは有りだけれど…

だから次は、どんな名前になるのかなあと思ったわけです。
ゆらいは?
ん?たぴさん?
たぴさんはねえ…カイヌシたちが脳みそ枯れるほど絞った結果よ。

犬なんて飼った事がない人達だから、
犬に名前をつける方法がわかんなくてね、
どうやってつけんの?って聞かれたの。

特徴をとらえてつけたりすんじゃないのー、
このコの場合だと四足白いから「たび」とか「ソックス」とかさー、
ちょうどホワイトハウスにいる猫が「ソックス」だわねー、

てことから「たび」になりかけ…
いやいや、「たび」が「はっぴー」でいてくれるように、
って「たぴー」になったんだったな、確か。
かんがえたのね
そーねー。

てか病院の先生にも、良く考えついたなー、
いい名前だねー、って褒めてもらいーの
外国の方々にもコーギーらしいいい名前だねーって

もう二度と考えつける気がしないわ。
ちいさいよねー
一握りぐらいだからねー。

名づけにかかわったのはたぴさんと、
黒っこ改めリンクと、和胡さんと。
この3頭だけ。

それぞれが幸せになってくれればいいな。

もちろん、名前をつけなかったコたちもだけどな!


Pagetop

[Edit]

作ってみた

いったん涼しくなったあとに熱帯夜が戻ってくると
体が耐えられないのか、結構しんどいですな。
なんかもー眠い眠い…

9時にはまぶたが落ちてくるとどです。
ども。
近所のガキンチョどもより早寝だわ。

ところでこんなん作りました。
ぶっくかばーです
ブックカバー3点。
なんで3点も、ってそりゃー作ってたらできたからだ。

じゃーなんでブックカバーを作らにゃならんかってえと、
洋書だからだ。
洋書ってねえ…表紙がぺらっぺらなんすよ。

基本、洋書の考え方って、ペーパーバックは読み捨てなんです。
だから中のページもわら半紙みたいなのが多かったりします。
今はだいぶマシになりましたが昔のは本当にわら半紙だったわ。

もし、この本、保存版にしたいわー、と思ったらそのときにハードカバー買うのよ。

学術書とか学習参考書、辞書はもうちょいいい紙質だけど、
それでも日本のに比べるとねえ…日本が贅沢なのかもしれんが。
と、いうわけで、読み終わるまでに空中分解しそうなのでカバーが必要なのです。
つながりは?
だからね、適度な硬さと、留め具が必要だったんですよ。

布のカバーじゃどうやっても本が逃げるてか使いにくい。
紙一枚じゃあ補強が足りない。
市販の透明カバーは硬さと留め具が無い。
わがままー
おのれに言われとうはない。

と、いうわけで右2点は紙を二枚粘着シートで貼り合せて
留め具をかんぬき型にして作ってみました。
左のは安物のクリアファイルと布を合体、留め具はマグネットです。

今のとこ、どれも一長一短だけど用はなしている感じです。

一応は満足かな。
ちょい使ってみて改良点が出てきたらまた考えるとしよう。
なによりよ
まーねー。

ところで、このところ文頭に和胡さん案内をしておりましたが
本日より取り下げております。
なぜならば、里親さんが決まったからです。はい。

お届けは来週月曜日だっけ。
年齢的にも構成的にもすんごーく望ましいご家族。
私はお会いしておりませんが、前のコを亡くされて、とのこと。

穏やかで人が大好き甘えん坊の和胡さんですからね、
きっとうまくなじんでくれると思います。
まずはお互い無理なくがんばってくれるといいなー、と。
がんばれ
幸せになっておくれ、和胡さん。




Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム