[Edit]

金平糖はお好き?

うまいものが各種なんでもありのこのご時勢、
金平糖を好き好んで、という方がどれくらいいらっしゃるのか。
それなりにいらっしゃるんだろうかなあ…?

私は好きでございますよ。

たぴさんがいた頃は、食わせられないものは食わない、
てことで金平糖も食わずにおったんですが、今は気にせず
ぼりぼりと食しております。

仕事中の気分転換にいいのよこれ。
脳みそのエネルギーになるし、噛み砕けば気分転換になるし。
何より見た目に美しい

てことでゲット。
いろいろはいってます
右の缶、6種類ぐらい盛り合わせてます。
一応いろんな味らしいんですがよくわからん。
桃やらグレープフルーツやら、らしいんですけどね。

ただ、左のやつ、ワインの金平糖なんですがこれだけは
ほのかにワイン風味がいたします。
これはいい。

なので他にワイン風味って無いもんかいな~、と
検索してみたら、結構あるもんですねえ。
ポルトガルのサクランボ酒なんてのもある。

ブランデー風味と甘酒風味ってのもみつけました。
今度はこれ、試してみようかしら。
塩味とかサイダー味なんてのもいいかもですねえ。

なにせ仕事中に食べるものですから
気楽に食べられるほうがいいので、
某有名店の何とか、みたいな敷居の高いのでなくていい。

なんたって駄菓子ですもん。

気負わず気取らずほっこりと。

たまには金平糖をおひとつ、いかがでしょう。




Pagetop

Comment

No title
おはようございます。

宝石みたいに綺麗な金平糖です。
金平糖って口に入れると、ほろほろとける様な
食感があります。
そして、後を引く食べ物なんですね。
一粒、もう一粒と手を出して、気が付いたら
箱の中はからっぽ!!というように・・・
糖分を補給しつつ、お仕事頑張って下さい。

和胡の正式譲渡の件は、とど様のブログで知りました。
理想的なお家を引き寄せて、幸せになってくれて
ほっとしております。
保護当時、無表情でなんにも関心を示さなかった
仔が、これほど表情豊かに、優しい子になったのは、
愛情をたっぷり注いでくださった、とど様とカイヌシ様の
お陰だと思っております。
本当にありがとうございました。
里親様と我が家の中間地点に、ワンコワラワラ公園がありますので、
そこで会えればいいな~って思っています。


Re: No title
鹿村さん

おはようございます。
金平糖もいろんなメーカーさんがあるみたいで
あれこれ取り寄せて混ぜてみているんですが、
こうやって見てみると緑か青系があっても
良かったかもなあ、という感じですね。
以前近所の和菓子屋さんで緑色のを買ったんですが
夏限定だそうでもう終わっちゃったんだとか。
金平糖にも季節があるのかあ、と感心いたしましたです。

和胡さん、無事に新しい生活を送っているようですね。
何よりも、べったり甘えさせてくれるママさんがいること、
それが良かったかもしれません。
頭の中はまだ仔犬みたいなところがありますからねえ…
私どもだけでなく、その後預かってくださった高橋さんも
他にわんこたちが大勢いる中で気を配ってくださいましたし、
AWSの他の方々も良い子良い子と声をかけてくださったからこそ
強運を発揮できたのだと思います。
これからはもう、過去のことはすっぱり忘れて心機一転、
新しいご家族の下で新しいわんことして暮らしてくれればいい、
と願っております。
  • 2017-09-15│10:35 |
  • とどくろっと URL│
  • [edit]
No title
金平糖、こんなに味があったのですね
いつ最後に食べたかな?? いや、そもそも食べた記憶がない、、、さすがに食べたことあると思うけど、記憶にすっかり残っていないほど昔なんですね。
今度見つけたら買ってみます^^

和胡さん、ご家族みっかったんですね
ほんと、よかったよかった
happyなお話はいつ聞いてもいいものですね
またお預かりされるのですか?
私も次は、、、とか思いをめぐらしています

さて、じゅじゅの命日、暖かいコメントありがとうございます。
ほんとに、お会いしたこといにも関わらず、皆さんに見守れている気がします。
生きていればいろいろありますもんね、人間も犬も
今を大事に大事に生きていきたいと思う気持ちが日々強くなっていきます
恐怖も増すのが正直なところですが
仕方ないよね
  • 2017-09-15│23:40 |
  • タツの母 URL
  • [edit]
Re: No title
タツちゃんたちの母さま

金平糖、もしかすると小学生の頃とかかもしれないですね。
今はいろんなお菓子があるし、なにも金平糖選ばんでもおいしいものたくさんあるし。
最近の金平糖は果汁で作っているのが結構あるみたいです。なので味もいろいろ^^
手元にあるのも、よくよく食べてみたらみかん味は酸っぱかったですわ^^;

和胡さん、はい、めでたく新しいお家に行くことができました。
今日はお世話になった病院にも報告に行って、カルテに書き込んでおいてもらいました。
預かりはねえ…今回はかなり突発的な事象でしたから。ほほほ。
うちみたいに一頭に24時間かかりきりになれる家は、病気のコなんかにはいいかもしれないです。
でもわんこにだけ力を注げるお家に貰われていくとは限りませんから
適当な距離感を保てるお家のほうが預かりには向いているかもですよ。
他のわんこがいるお家だと犬同士の付き合いも学べますし、猫がいると尚結構かも^^

生きているって本当にめんどくさいししんどいし、なんで生きてんだろ、と
タメイキが出ることもありますナ。
でもたぴさんに出会えて幸せを貰って、そういうときは、生きてたかいがあったなあ、って。
同じように、かーちゃんさまもじゅじゅさんに出会えて幸せだった。
じゅじゅさんもかーちゃんさまや坊ちゃん達に出会えて幸せだった。
背負うものは年々重くなったり増えたりして恐怖も倍増していくけれど、
大事に大事に、毎日こつこつ生きていくしかないんだろうなあと思うのです。はい。

  • 2017-09-16│20:35 |
  • とどくろっと URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム