[Edit]

和胡、ちびっ子との遭遇

さて里親会会場でしょぼくれていた和胡さん。
ふと気がつくと
おーい
背後にちびっ子。

呼ばれるとうれしいので
いそいそ
尻尾ぶんぶん、とことこと寄っていきます。

いきなり飛びつくということもないですし
小さい子に触られても平気だし、
何より、舐めるということをしない。

鼻をちょん、とつけるだけです。
すんすん
小さい子って案外ね、舐めただけでも
噛まれた、って泣く子もいるのでね…

散歩となると、引張っちゃうところが無い
とはいえないですが、
なでなで
小さい子供にも優しい和胡さんなのであります。

今回は仔犬も多かったしね、
そう簡単には決まるもんでもないだろうし
ご縁は無かったがな。

我が家にとっては何も問題が無い和胡さんでも、
何を問題とするかはお家ごとに違うってこともあるわけだし。

たぴさんだって他のお家だったら問題ありまくりだったわなー。
しょっちゅう腹下すからずっとついててやらんといかんかったし、
夜中だってたたき起こされるしねえ。

癲癇発作も起こすわ皮膚病もあるわ、そりゃもー
医療費だってばかにならんかったわけで。

健康優良ってだけでも和胡さんってすげーと思うわけよ、
そういう犬と暮らしてたらね。


ま、そのうち、まるっと受け入れてくれるお家が見つかるであろうさ。


Pagetop

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム