[Edit]

追悼

なあ、たぴさん。

西の侍女様がな、天使様になったと。

旦那さんがお知らせしてくれたよ。

西からと東からとだとどのあたりがいい?
富士山あたりで合宿やりたいねー
って言ってたんだけどね

たぴさんが癲癇起こしたりお腹悪かったりで
旅行ができなくて一度も行けなかったね。
もくろみ、果たせずじまいだったんだ。

だから一度も会ったことはないんだけれど。

でもね。
西と東じゃうどんどん兵衛のおつゆの味が違う!
って食べ比べてみたりね、懐かしの関西おやつ送ってくれたりね、
たぴさんにも手作りケーキ、作って送ってくれたよね。

ああ、そういやあ、たぴさんが最後に食べた手作りケーキは
侍女様が作ってくれたカップケーキだったかもしれん。
侍女様の母様もくぎ煮作って毎年送ってくださって。
今回は旦那様からお手紙いただいたしなあ。

そういや、イノシシも送ってくれたよね。
たぴさんに食べさせたかった、って。
その気持ちが本当に、本当に、嬉しかった。

何?なんでそう食べるもののことばっかりなんだ、って?

食べるものは五感に訴えるだろ?
だからとっても良く覚えてるんだよ。
最後に食べたいものは何ですか、って質問あるだろ?

でもきっと、侍女様には食べ物より何より、
モモさんが一番だったろうなあ。
亡くなる前日に病院が会わせてくれたそうだ。

それだけが救いかもしれん。

それでも。

置いて逝きたくはなかったろうに。

なあたぴさん。
6月6日だったから…7月のお盆過ぎあたりかな、そっちへ着くと思うんだ。
峠の茶屋まで、みんなでお迎え行ってくれるかな。
とーげ?
うん。

きっと、モモさんも心配してるだろうからね。
しんぱいないさ
伝わるといいね。


西の侍女様こと「モーちゃんの尻でか日記」のミドリさん。
重い病気を患っても、他人への気遣いを忘れなかったあなたを
心より尊敬します。

旦那様からのお手紙を拝読して、
こんなお手紙を書ける素敵な旦那様と結ばれた
あなたはやはり素敵な女性だったのだと改めて思います。

だからこそ、あなたを失ったことがとても悲しい。

ただ ただ そう思います。



Pagetop

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム