[Edit]

頑張るぞ、っと

さてこれは何でしょう。
なーんだ

これは
いれにくいんだよ
はい、座薬。たぴさん用。
なのでコギケツ貼ってあります。

こういうのが家のあちこちにある我が家です。
ども。

何の座薬かってえと癲癇発作を鎮めるためのヤツですが。

実際はねぇ…発作起こしちゃうと入れられないのよ。
筋肉痙攣しちゃってるからきゅ~って絞まっててさ…。

てなこって病院行って相談してきたハナシ。
ながいわ…
本日は文章長めです。

たぴさん只今、ほとんど歩けなくなっております。

まっすぐ歩くだけでも、後足がよれよれして倒れますし、
起きあがろうとしても腰から下が動かなくて這いずってたりします。

散歩に出ても、バギーの中で寝てて、どーしてももよおすと出てきますが
後ろ向きにずり落ちてくるので抱えて方向転換させてる感じ。
ウンチも、踏ん張れなくてうまく出なかったりします。

出した上に座りこんじゃったりもするしね。

オシッコも、足が上げられないだけじゃなく
ふらふらするので足やお腹がびっちゃんになることもあります。

そんなこって家の中でも
ねるべし
ほぼ寝っぱなし。

実はこれ、薬の副作用です多分。

たぴさん、エクセグランという薬を飲んでいました。
ですが、発作の回数が増えている、あるいは症状がひどくなっている、
というところから、効いていないかもしれない疑いが出てきました。

このエクセグラン、最新の薬で副作用も少ないとされていますが
効いていないのでは仕方が無い。
効果が実証されているフェノバールに切り替えてみることにしました。

で。この切り替え方がね。

今まで飲んでいたエクセの量が8掛け、0.8(血中濃度からこれで十分)として、
これをいったん1に戻します。
んでこれに対応するフェノを1、プラス上書きする分0.5を追加して、
合計2.5分を投与しています。

一週間ほどこれを続けて、次はエクセを0.5、フェノを1.5で一週間。
次にエクセを0、フェノを1.5で様子を見て…という順です。

つまり、ただいま薬漬けなのですよたぴさん。
この状態で車に載せると
だるいです
わかるかしら。

ふだんのたぴさんなら、窓際で前向いてます。
あっち見たりこっち見たりしてんですが、
ぼけ…
こんな感じで動きません。

窓の外の景色がおかしいのは洗車中だからっす。
洗い終わって拭くとこに移動して、さて拭こうかいと
たぴさんを膝からおろすと
ぺろり…
…不安なんだろうな。

拭き終わってまた抱えたら
ほっと
ほっとしておりましたです。


この歩けない状態が薬を安定させることによって解消されるのか、
その時、発作も多少は治まってくるのか、
あるいは薬の量を増やすことになるのかやっぱり歩けないのか…

は、やってみないとわかりません。

死ぬ思いで発作を耐えるほうがいいのか、
ぼーっとしながらも生き続けるほうがいいのか、
それもまたわかりませんが。

やれることはやってみないとねえ


というわけであまりたぴさんの写真も撮れませんが
しばらくは正月ネタで食いつないで、と

もう少し、人間のほうにも余裕が出てきたら写真撮れるだろうしな。
カイヌシ、新しいカメラをゲットしたことだし。

楽しみに待っとっておくんなさい。
まっててね
がむばるぞ、っと

Pagetop

Trackback

Comment

あぁ。悩みますね。
そしてダルそうな、いつもと違う様子を見ているのも辛いですが、きちんと向きあうのも飼い主の役目ですからね。
薬は本当に怖い。私の今回の急性肝炎でも思いました。メリットデメリットを考えて投薬しないといけないですもんね。
がんばってください、たぴさんもご家族も。早くいつものおたぴさんになぁ〜れぇ〜
  • 2014-01-17│07:18 |
  • タツの母 URL│
  • [edit]
悩むもんですねー^^;
タツちゃんじゅじゅさん海君の母さま~

体調どうですか? あんまり動きまわっちゃまだダメですよー。
退屈だと思うけど。

薬はね、エクセもフェノも、使ってるわんこのブログなんか見るとまちまちなんですよ。
併用しているコもいればどっちかが効かないコもいるし、ひたすら量が増えているコもいるし…
一般の開業獣医でてんかんに詳しい人は少ない、という話も見かけるし。
結局は飼い主が自分で判断するしかないんだろうなーと。
ガンバリマスよん♪ 母さまも頑張って早く治してくださいね^^b
  • 2014-01-17│07:36 |
  • とどくろっと URL│
  • [edit]
おはようございます(^_^)/


そーゆー事だったんですね。たぴさん、可哀想に(T_T)
早く状況が改善されてくれるといいのですが。。


頑張れ、おたっぴーず!
  • 2014-01-17│11:52 |
  • すう URL│
  • [edit]
そーゆーことだったんです
すうさ~ん 昼食べた?

ちわっす^^
まーねー、後遺症のせいか持って生まれたものかはわかりませんがこれがたぴさんですからねえ。
できるだけのことはやったろーと思いますデス。
  • 2014-01-17│13:07 |
  • とどくろっと URL│
  • [edit]
No title
そういうことだったんですか…

たぴさんも辛いでしょうけれど、見守る人間も辛いですね
寄り添うのって言葉では簡単そうに思えても、実際は大変だと思います
とどさま、カイヌシさんどうぞ体を大事にしてくださいね
特に腰!
動けない子の介護は腰に来ますから

北の国から応援してますよ~~
  • 2014-01-17│17:07 |
  • 月夜 URL│
  • [edit]
てっへっへ
月夜さ~ん さいでございます~^^;

まあ辛いというかびっくりというか、ですかなあ。
まさかここまで顕著に出るとは、て感じ?
でもたぴさんの介護てか見守りは大丈夫っすよ^^
相手が人間なら腹立つことでも犬だと平気だったりするし(笑)
でも確かに腰が…バギーから下りるときに下半身を抱えたりするのでかがむんですよね。
これが地味にこたえるかも。
気を付けまっす^^v

引き続き応援よろしくお願いしやす♪
  • 2014-01-17│18:14 |
  • とどくろっと URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム