• 201709 « 
  • 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201711

[Edit]

公園に行ってみよう!

えー…本日は病院でございます。
薬の量を再確認して次の分を出してもらって~、と。

現在、たぴさんの癲癇薬は初回のハチ分のナナ、となっております。
丸薬を8等分してそのうち7割を与えよ、と。
でもってこの丸薬が小さいもんで、ピルカッターで割ると
粉砕されてえらいことになるんですな。

なのでやすりでこしこし。
専用の下二ケタまで計測できるハカリを買いまして、
削っては計り、削っては計っておりますです。

これを朝晩やってるんですが、実はたぴさん、
ご飯もまともに食ってくれませんで。

粉砕しないと食わねーの。
噛みたくないんだって。

しゃーないのですり鉢でごりごり。
これは朝昼晩。

なんかそのうち、夜中にしゃーこしゃーこと
包丁削りだしそうな気分になっているとどです。
ども。

だんだん妖怪オババになってきてるぜ…。

で、実家を出るたぴさん。
はいどーも
なんか偉そう。

マンション内は抱えて移動、が原則なので、
バギーにのっけて下まで下りてる人、多いんですよ。
なので外に出るとバギーが並んでいることもあります。

たぴさんは乗ったまま公園まで移動して、ぽん。
しっこぐらいします
街区の中よりはよっぽど涼しいんだけど、
それでも暑いかなあ…。

だからって
どりょくしろ
世の中そんなに甘くはない。

どーしても乗りたいなら
ふぁいとだっ
多少のスパルタは耐えてもらうぜ。

まってええええ
おー、ちったあ走れるじゃねーか。

と、見ていたら、ぺたん、とへたり込みました。
これが限界ってとこだな。
もうむりでしゅ

再びたぴさんを搭載して
まっすぐかえって~
駅のほうをぐるっと一周して。

夕暮れの中を帰って行くときすでに
ねむい…
半分夢の中だったたぴさんでございました。

Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム