[Edit]

距離があります

先日散歩をしていたら、ロシア人の親子に会いました。
ロシア語だったから多分ロシア人であろう…
お父ちゃんと3歳ぐらいのお嬢ちゃん。

お嬢ちゃんがたぴさん触りたいと寄ってきたんですが、
正面から見ると恐い。
お父ちゃん、
ソフィアが触りたいって言ったんでしょ(笑)?
と日本語で言ってからロシア語で(多分)同じことを繰り返しました。
おツトメで来日されているんだとは思いますが、
気遣いの行き届いたお方だなあ…と思いました。

だってね、何言ってるかは日本語で言ってもらわにゃ
こっちはわからないわけぢゃん?
自分たちにだけわかる言葉で話してたら、そこに居合わせた
第三者には失礼だ、っていう考えが身についているってね、
すごいことだと思うのよ。

時々お会いするイギリス人のお父ちゃんも、丁寧語敬語が
日本人より正確なのよね。
んでその日本語を駆使してきれいに会話を展開なさる。

つくづく、このご近所には日本語が堪能なだけでなく、
ご一緒すると背筋が伸びる素敵なガイジンサンが多いもんだ
と思ったとどです。
ども。

あ、お嬢ちゃんね、たぴさんのお尻なら触れました。
ぽんぽん♪ってしてた^^

で、何の距離があったかってえと。

先日、カイヌシ実家にこーちゃん達が来ておりました。
なのでたぴさん、朝散歩ついでにお会いしに行ったんですがナ。
こーちゃんがたぴさんを遠巻きにしておりまして。
たぴさんはいたってマイペースで
すずしいからね
ベランダに出まして
ひとねむりっと
寝ておりまして。

したらば
くるの?
こーちゃんも
おれどそくよ
出てきたんですが。

なぜ
おい…
そこ?

たぴさんの動きが
きにはなるのね
気になるらしいですが…。

こねこもそだし
…育ての親かい。


親離れかどうかは置いといて、これもひとつの
こーちゃんの成長の形なんだろうな。

多分。

子育てしとらんからわからんが。

距離があるのも、必ずしも悪いこっちゃないんだろう
と思ったワタクシでございます。


Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム