[Edit]

和胡の散歩風景7 よーいどん

キンチョーさんの折り紙、というのが
新聞に入っておりまして、こういうのを見ると
やらずにおれない私。

ちょきちょきと切り出し、せっせと折り目をつけ
たところでふと妙な予感におそわれ、
念のために検索をしてみました。

うん。予感的中。作ったらアカンやつやわ。

ということで途中でやめました。
何ができあがるのかは検索すればわかります。
後悔することになるとは思うけど。

というわけで和胡の散歩。よーいどん。

って何やねん?

よーいどん、とはたぴさんにかーちゃんが教えた技。
何をやっていても、よーい!と声をかけると、
わくわくしながら飛んでくる、という呼び戻しの一種です。

もちろん、わくわくしてるんだから、どん!で遊んでやるわけですが
これを和胡でやるとこうなります。
まずは
なでくりまわし
ちょっと荒めに撫で繰り回したらお尻をポン!
と叩きながら、どん!と一言。

和胡さん、
ぴょん!
飛び出します。

ある程度一緒に走ったら呼び戻し。
うきっ
ぴょんぴょんと戻ってくるのでまた撫で繰り回し。

程よいところでどん!
どん!

びゅんっ!
かっとんでいきます。

また呼び戻して
もどる!

いいこいいこ。
よしよし
何が大変って一緒に走るのが大変だわね^^;

これ、まだ覚えきっていないというより気が向いたときしか
のってはくれないので教えきれていませんが、
呼び戻し方法は何通りかあったほうが無難。

食べるのは好きだけど、それほど執着しなかったりもするので
必ずしも食べ物で呼び寄せられるとは限らない。
おもちゃ類もまったく遊びませんしね。

和胡が気にするのは人間だけ。

なので人間が遊んでくれる、と教えてやるのが
一番の呼び戻しになるかもしれない、
そう、思ったしだいです。


Pagetop

[Edit]

越谷、行ってきました

暑さが増してとうとう蚊が出没するようになった昨今。
蚊取り線香、はじめました。
なにこれ?
お初にお目にかかったであろう蚊取り線香、
除虫菊でできた天然9時間用でございます。

我が家はずっとこれです。
私が化学物質アレルギーだからか、合成殺虫剤だと
蚊より先に私が倒されるもんでね。

9時間つけっぱなしで放っておけるのもありがたい。

それにしても悩んどるな。
これは…
あ、火はついてないですよ。

しばらくしてから見たら、蚊取り線香が床に転がり
お線香支える金属のあれ、なんての?あれが
和胡ケージに転がっておりました。

何を思ってそこだけ持ってったんや(笑)

というわけで越谷。
あちー
暑い。

あちすぎー
そんなに暑けりゃ日陰にいればいいものを

そっちいく
暑さより人のそばが良いそうな。

というわけで相変わらず子供には人気でしたが
決まりはせず。
ま、ご縁のものだからね。

どうあっても和胡さんが良い、と言ってくれる人が
現れるのを待ちましょう、です。

あ、車の中、こうなりました。
ケージにイン
ケージ入り。
見えてないけど右上隅にUSBの扇風機付いてます。

うちの車、後部に風があんまり通らないつくりなの。
小さい扇風機でも、少しは暑さが凌げるといいんですがな。

次回は未来公園、行ってみますかな。



Pagetop

[Edit]

和胡の散歩風景6 腹芸

名前だけ見ると儚げな美少女詐欺、と呼んでいる
アマリリスです
アマリリス満開の我が家です。
ども。
これで半分弱だったっけかな。

今年はなぜか、球根がよく分かれたみたいで
大量に花芽が育ちました。
年年歳歳、花もいろいろですな。

ということでひっじょーに珍しい和胡さんの姿、
お目にかけまする。
どん。
はらだしました
え?それが?と思うなかれ。
和胡さんにとっては、これってものすごい進歩なのです。

我が家のおたぴさまのように、生まれてこの方
なんぼでもどーぞ
腹なんてなんぼのもんじゃい、なお犬様もおられますが、
和胡さんはまったく腹を出しませんでした。

最初はね、手が伸びてくると、ぴたっと伏せてたのよ。

撫でられること自体はOKだったんだけど、腹のほうに手が来ると
立ちっぱなしでがちっ、と体が固まってたし。
恐いなー怖いなー、と思ってたんじゃないかな。

毎日撫でくりまわしてだんだんお腹のほうに手を伸ばして、
って続けていたらある日突然、
んとね!
ってひっくりがえって
えっと…
腹出してもいいかな…
いっか…
いっか…

みたいな。

へそ天は構造的に無理なのかもしれないので、たぶんこれが
和胡さんの精一杯の腹出しなんでしょう。
今はソファの上でもベッドの上でも、撫でてやれば腹、出します。

年年歳歳、犬だって同じではないのです。


Pagetop

[Edit]

和胡の散歩風景5 すりすり

というわけで元に戻りまして。

散歩中、時々和胡さんを撫でるようにしております。
えらいね
撫でられるのが大好きなので、
それを利用しましてですね…
呼び戻しの練習をしているんです。

和胡さん、暴走はしませんがリードをはずしたら
どうなるんだかわかりません。
もしかすると、こちらに気づかず歩いていってしまうかもしれない。

できれば、呼んだらこっちを見て戻ってくる、を教えたい。

…そう簡単じゃございませんけどね。
散歩中、ちらっとこちらを見ることがあるので、
そのときに声をかけて撫でる、を繰り返してみています。

どうやら首のしたあたりが好きらしいので
あごね
そのへんを念入りに。

てくてくと歩いて離れたらしゃがみまして
おいで
なんかね、目の高さが同じほうがいいみたい。
しゃがんで呼ぶと、こっちを見たときに目があうので
てくてくと戻ってきます。

んですりすり。
きりっ
わー、なんか別犬みたいに写ってる。
足、踏んでるけど。

てか和胡さん、よく足の上に立ってんですよ。
そのほうが安心するんかな?
別に重くはないんでいいんですけどね。

たぴさんなら足の骨折れたかもしれんケド。
ぶれいもの
ホントのことぢゃん!

てことで次回はひっじょーに珍しいものを
お目にかける予定デス。
ご期待くださいませ。


あ、靴下、靴下ね、これっす。
くつした
蒸れると評判のマラブリゴ靴下。
なんかなー、もっといい色のはずなんだけど
うまく出ないなー。

あと一足編めるぶんの毛糸が余っちった。
どうすべ?


Pagetop

[Edit]

柏、行ってきました

クソ暑くなった週末、光化学スモッグが出ていた
我が家地方です。
ども。

5月にスモッグってねえ…これから暑くなったら毎日出るのかなあ。
今年の夏も恐いなあ。
スモッグの中歩くと具合悪くなっちゃうもんねえ。

というわけで
あちー!
到着早々、暑さに参った和胡さん。
てかもう車内がね、冷房入れてても日が当たると暑かったね。

普段は口を開くってことをあまりしない和胡さんですが
こう暑いと
あいたくちが
開いた口が塞がらない。

そんなに暑けりゃ水飲めば良さそうなもんですが
いらない
飲まないんですって。
なんでだろね?

あ、今回も決まりませんでしたが横にいた男の子がね
かわいいよー
って言ってくれましてね。

猫さんをご所望のご家族でしたけれど
そう思ってもらえる人がいるってことは
和胡さんには希望があるってことで。

ま、また頑張りましょうです。
あちー
次回は越谷、行ってみるぞー、と。


あ、そうそう、今回来ていたちびさんで
決まらなかったこのコ、
なに?
なんともかわゆい。

人間が恐くて仕方ないのでびくびくしていますが
触られて威嚇するとかは無いので、そのうち馴れるでしょう。

一緒にがんば。


Pagetop

[Edit]

和胡の散歩風景4 ダメ!

和胡さん、動くものを追うのが好きです。
ボールなんかが転がっていると追っかけますが
止まっちゃうともう興味は失せる。

なのでこの時期、動くものが多くて嬉しい。

蛾とか蜂とか飛んでるからね…。

昨日、庭で作業をしていたら和胡のそばを
小さな羽虫が通りかかりました。
振り向きざま、ぱくっ!

んっ?!

その後、その羽虫の姿は無く…
どうなったんかなー、と深く考えないようにしております。
腹壊さなきゃいいのよ、うん。

虫ぐらいはともかく、サイズが大きくなるとどうなんだろう。
実際に仕留めたことはないのでわからないですが、
こういう場合
はとがいる
ダメ、のコマンドを入れるようにしてみています。
ダメですか?
カッコ内は和胡さんの心の声(たぶん)です。
それほど表情を動かすわけではないのですが
なんとなく、こういう感じなんだろうな、と。

なので
でもいきたい
ダメ、も聞こえているけど鳥さんも気になる
という場合は顔が半分こっち向き、で葛藤しているわけで。

そういうときは
がまんした!
思いっきり褒めて
つぎ!
さっさと離脱。

これを繰り返して散歩は続く。
つぎの
早朝から私の怒鳴り声が響き渡る
我がご近所でなのでありました。


そーいや和胡さん、自分が「わこ」って呼ばれてること、
理解したみたいっす。
こっち向くようになったぜ~い^^v



Pagetop

[Edit]

和胡の散歩風景3 心配する

今週はなんだか涼しいですねえ。
おかげで和胡さんもよく歩いております。
ダブルコートだから暑さは苦手かもな。

さて朝散歩の続き。
散歩のコースは決まっておりませんが
ある程度はここを通ろう、あそこは避けよう、はあります。

ちょうど曲がり角に来ましたので呼んでみました。
和胡~
よんだ?

こっち曲がるよ~
まがる
曲がった曲がった^^

この先は少し段差があるので
きてる?
ちょっと慎重に上がっておりましたら
和胡さん、心配してちゃんと振り向き、待ってくれました。

以前なら気にせずすっ飛んでってましたけど
よし!
着いてくるのを確かめてからまた歩く。
そういうことができるようになったのねえ…

飼い犬というのは通常、飼い主およびその家族に
群れ意識を持つものじゃないかと思います。
なので一緒に動かないと心配する。

以前の和胡さんにはそれがありませんでした。

でも今はちゃんと様子を伺っています。
群れ、という意識ができてきたんでしょう。
声を聞くことができるようになってきました。
でた
日々、成長中の和胡さんでございます。

それにしても鹿っぽい…

と感じるのは私だけっしょーか?


Pagetop

[Edit]

命日でした

5月14日はたぴさんの命日でございました。
なのでまずは家で
3年たったよ
お供えをしまして。
こぎ太郎とくま太郎も見守りやってます。
オヤツはたぴさんの好きなせらびさん。

そのあとお山に行って
3年お山です
再びお供え。
考えたら3年、通い続けとんな。
最初の1年は毎週、2年目からは2週に1回。

何回通ったんだか。
またきたか
そりゃあ、たぴさんは我が家のヌシでございますから。

ねてねーよ?
知ってますけどね。
それでも、ほうっておくのはイヤなのでございますよ。
そゆもんなんです。

すきにすれや
あい。そうします。

別に、行かなくちゃ、とかなんとか…えー…義務感みたいな?
そういうので行っているのではなく、なんとなく、行っちゃうんです。
やっぱ行くべきかな、行きたいかな、行くかな、的な。

どうしたって、他の何かが取って代われるわけではない。

それが、おたぴ様なんだからしゃーない。

今も我が家は、たぴさん中心に回っているのです。



Pagetop

[Edit]

和胡の散歩風景2 鼻活用

雨降って冷えたり真夏日通り越したり、
日々お天気がめまぐるしく変わっておりますな。
和胡さんは外派なので雨でも散歩必要。

久しぶりに河童来たわ。

違う、合羽着たわ。

たぴさんがあの世に行ったとき、もうこんなもん
着ることもないから廃棄かな~でも災害用に置いとくかな~
って悩んだんですが、置いとくもんすなあ。

役に立つ立つ。

んで和胡さん。
たぴさんはあまり臭いをかぐということがありませんでしたが
和胡さんは鼻をよく使っているとみえて、
においかぐ
あっちこっち嗅ぎまくり。

こういう顔をしたときは
んっ!
たいてい
なにかいる
何かいるそうで、草むらでも跳びこんでいきます。

ときには
いた…
こんなのを
ぴ?
嗅ぎつけることもあります。

たいていは、ちゅーみたいですけどね。
和胡が飛び込むと反対側からちゅーが出てくる、とかあるのよ。
…捕まえたためし、無いけどね。

てか捕まえられるんかいな?

目に付くものはお花だって
おはな
嗅いで確認、ともかく嗅ぎまくりなので
なかなか前に進まない和胡さんでありました。




Pagetop

[Edit]

和胡の散歩風景

和胡さんの散歩は、朝1時間、夜1時間、
合計2時間程度です。
最初の10分ぐらいで出すもの出しちゃうんですけどね。

そのあとは、ぼちぼち気晴らしと運動、ってとこです。
なので気乗りがしていないときは短めにもなるし、
お友達と会えば長くもなる。

…お友達、できたんすよ最近。

ジャックさんにシュナさんに柴さんにプードルさんに…
なぜか若い子ばかりですが、男の子も女の子も
和胡さんぶんぶん尻尾振ってウェルカム。

なので飼い主さんが遊ばせてくれます。ありがたいこっちゃ。

そうやってコミュニケーションとか散歩の楽しさとか、
覚えてくれるといいっすなあ。
てことで毎朝の風景なんぞをシリーズにてご紹介。

まず朝一でやることは
しーしー
少しは家でできるようになってきましたが、
ほとんどはお外ですな。

しーしたら次は
ぴんっ
わんつーに向けてゴー。

途中、気になるものがあると
きになる
チェックをしながらてくてく。

高いところに上らせたいときは
和胡!ジャンプっ!
じゃんぷっ
で、上がります。

なんでかね、術後、ジャンプもあんまりしたがらなかったんだけど
今は平気になりました。でもダウンがしばらくできなかった。
今はダウンもできますが、ちょっとまだ躊躇しますねえ。

和胡さんがたぴさんほどにしゃべってくれれば
理由はわかるんですが…
わう?
あんな芸当をやるようになるには何年もかかるんでしょうな。
それは飼い主さんに期待するとするか。

朝散歩はまだまだ続きます。
きもちいい



Pagetop

[Edit]

和胡と夜の儀式

なんかおどろおどろしいタイトルですがな…

なんのこたあございません。

夜、和胡さんは寝る前に毛梳き以外に撫で撫でを要求するんです。
和胡流スキンシップなんですかねえ?
それが
なでれ
こんな感じで、ソファに座ると自分も飛び乗って
腹の上に足のっけてくるんです。

撫でて欲しいところは
こっち
自分で適当に動いてくれるので
こちらはひたすら
こんどはこっち
撫でていればいいんですが…

どこでこれが終わるのか。

実は和胡さん、寝る前にジャーキーを噛んでおります。
なので、はいおしまい!と声をかけてやるとジャーキー置き場に走って行き、
1つもらって咥えたら自分でケージに戻っていくんです。

…あれ?
もしかしてジャーキーあげちゃえば撫で撫で無しでもいいのか?
それともジャーキーが「撫でられてやった賃」になっているのか?!

なんかそんなやつがうちにいた気がするが…

まさか教わったんじゃあるまいな?
おそわったよ
教わったのかよ…

なにしてくれてんだい、たぴさんよ


Pagetop

[Edit]

和胡、散歩慣れ

ごっそりと
セリです
セリ、収穫。
これで3分の1ぐらい。
ミツバと入り乱れて雑草化しとるよ~。

ちょっくら庭掃除をしていたとどです。
ども。
ぼーぼーになってたからね。

工事も終盤にかかっておりますが、これからまだ
塀を塗るんだそうですよ。
んでその際に植え込みを踏んじゃうけどいい?って聞かれたのね。

いい?って踏まなきゃ塗れなきゃしゃーないぢゃん?て感じっすが^^;

いちいち聞いてまわらなきゃいけない工事の人って大変だねえ
と思いつつ、気兼ねなく立ち入れるように抜いてたわけですよ。
でもまだまだだな。

てことで和胡さん。
てくてくです
てくてく、と歩けるようになりました。

どゆこと?ってお思いかもしれませんが、
当初の和胡さんは普通に歩くってことができなかったんですよ。
びょ~んびょ~んって飛び回っててね。

もちろん、人間の声なんて聞こえちゃいないし
自分に声をかけられているなんて思いもしない。
当然、アイコンタクトなんてゼロ。

それが今は、
あいです?
呼べばこっち見ますし、ときどきこちらを振り返ったりして
一緒に歩いている人間を気にするようになりました。
お利口お利口^^

もっとも、距離感がちょっとアレなもんで
呼ぶとここまで
なに?
来ちゃうんですけどね^^;

いたって機嫌よく
きもちいいよ
散歩を楽しめるようになった和胡さんであります。



Pagetop

[Edit]

和胡、毛を梳く

だいぶ暖かくなってまいりましたねえ。
朝の気温も15度とか昼間は25度近くまで上がるとか。
そんな中でもみっちり厚着のとどです。ども。

風邪が治らんのですよ…
ちょっと油断するとすぐ熱が上がって体が痛むの。
なので寝るときは毛布2枚使ってるし。

さすがに湯たんぽは止めたけど。

昼間は分厚い冬用のカーディガン着てるんですが
その下に2枚ぐらい重ね着してるし。
いつになったらこの体調、良くなるのやら。

一方和胡さんは毛が抜けまくっております。
なので朝晩、
ぶらっしんぐです
ブラシを持って床にどん。
ちゃんと足の間にお座りしますのよ。

右をじゃっこじゃっこ
みぎです

左をじゃっこじゃっこ
左です
毛質はダブルなのかなあ。
ほわほわした柔らかいのがよく抜ける。

はい、ごろんして。
ごろん
毛梳き自体が好きかどうかはわかりませんが
てか毛梳き後寝る前のオヤツが目当てかもですが、
甘えん坊なのでべったりできるのは嬉しいらしい。

いたってご機嫌で
むん♪
ブラッシングをされる和胡さんなのでありました。



Pagetop

[Edit]

和胡、寝る

あら?GWの最中?
いたって普通に通常営業の我が家です。
ども。

でもまあ季節がよろしいので
気分的にはいいもんですなあ。
ちょっと掃除やら模様替えやらもしたりして。

んで先日の続き、和胡さん里親会のお帰りです。
家からは1時間半ほどかかるところなので
帰りも1時間半ぐらいはかかるわけですが。
のるの…
実は和胡さん、それほど車は好きじゃありません。
嫌い、ってこともないんですけどね。

窓から顔出してたり前が見えたりするのは
気持ちいいし面白いし…ではあるんだけれど。
1時間超えると酔っちゃうんですよやっぱり。
たえる…
これって個体差でどうしようもないもんらしいです。

むか~し実家にいた柴犬は車が大好きで、
父が車で帰ってくると飛び乗っていましたけどね。
町内一周してもらって機嫌よくもどってきてたりしてたし。

乗ってるときにトラックを見かけると
追い越せ~!ってわんわん吠えてたけどね…
追い越した後で窓から顔出してドヤ顔してたわね…

たぴさんも車は平気で、腹出して寝てたわねえ。
病院行くよ、と言えば車にダッシュしてたし、
買い物行きたいときも車のとこ行って座ってたし。

でも知り合いの犬は車見るだけで失神してたのね。
病院行くのに乗せようとすると目玉ひん剥いてひっくり返って
痙攣起こして泡噴いてた。

三半規管のつくりが違うのかもしんないですな。

でもその和胡さんが1時間超えても吐かないケースがありまして。
それが
ねる
車内で寝た場合。

やっぱ行くときは興奮するんでしょうかね、
全然寝ないてか座りもしない。
そうすると、足が長いからゆらゆら揺られて酔う。

でも帰りは疲れて寝ちゃう。
乗った瞬間から寝ちゃう。
一時間半、身じろぎもせず寝る。

そして
おうち?
起こすまで寝てる。

もしかしたら、クレートに入れたほうがいいのかなあ
ほへえ?
と思ったりもする今日この頃でございます。




Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム