[Edit]

そんなわけで

他のコもちょっと紹介しときますかな…

このコは
おこられちった
まる。

実は背後にいた
ねーってばー
雪音と遊んでいたんですが、
ちょっと本気になっちゃいまして
撤収させられてふてくされているところっす^^;

遠近があるのでわかりづらいんですが、
まる、小さいんですよ。んで雪音は大きい。和胡さん似だけど。
目の色は和胡さんより薄くて、サイズが2回りぐらいでかいのかな。

だもんで遊んでいるうちに雪音に頭ぽかぽかされちゃってねえ。
むきーっ!ってなっちゃったの。
その間、和胡さんは我関せずで知らん顔。

わんこってえのは表情豊かだから見てて本当に面白いっす。

和胡さん、うちに初めて来た頃は表情薄かったけど、
最後のころには
にゃ♪
結構顔に出るようになってて、
でも周りからはいつも穏やかで優しいお顔ねえ
おだやかよ?
なーんて褒めてもらっちゃたりしてて
にっこり
他のわんこの飼い主さんたちも
和胡になら平気で近寄ってきてくれたりして
いいコだったんだぜ?

だれが教えたのか
まさかあ
結構な悪巧みもしていたけれど。
可愛いもんでございましたです。

と、思ってくれる人、がいたらいいなー、
と思いつつ続けてまいりましたが、
和胡さんの写真が尽きました。

というわけで和胡日記はこれにておしまい。

また里親会にでも出かけて会うことがあったら
書きますな。

ではでは。




Pagetop

[Edit]

行ってきました

車で走ること1時間ほど、都内…えーと…
獨協大学の前あたりだったらしい…を通りかかったら、
どえりゃー量のセミが鳴いておりました。

もう?

我が家のほうに比べたらずいぶん早いなーと思いつつ、
もしや目的地のあたりもすでに真夏でセミぎんぎんなのかしらと恐れつつ、
行ってきました未来公園。

和胡さんの顔見に行ってきたん。
いた
がんばってんなー、と思いながら近づいてみたら、
飛びついて体擦り付けて甘えてきました。
2週間程度だから覚えてんだなー、と。

しばらく抱えて撫で繰り回しておりましたが、
暑さに耐えかねたらしく和胡が離れた^^;
あちーよー!
…暑すぎたらしい。セミは鳴いてないけど。

和胡さん、暑いの苦手なんよね。
ダブルコートだから暑いのはつらいんだろうなー。
割と毛が薄いほうだけどそれでももうきついらしいです。
はひい…

じーっとしているのも辛いだろうしちょっくら歩くか
ちょっとやで
と久しぶりに散歩もしてみたりしまして。

相変わらず、
いきなりっ
こんなことにもなっていましたが。

まあしかし、元気ではありました。
他のわんこたちとも仲良くやっているそうだし、
猫さんたちとも平気で過ごしているらしいし。

他のわんこやにゃんこは我が家では経験できないっすからな。

今回はお声がかかりませんでしたが、まあ大丈夫。
心配ないと思います。
あとはタイミングってやつかなあ。

会いに行ったらいなかった、って日が来ることを
心待ちにしている…ってのもなんか変だけど。

でもそういうもんなんすよ。はい。




Pagetop

[Edit]

元気らしいです

和胡さんがおうちを移動してから約2週間ですが
現在の預かりさんからお電話をいただきました。
元気にやっているそうです。

係留も、鳴かなくなったらしい(ほっ…)

繋いで置いていかれても戻ってきてくれる、
とわかるようになったのかもしれないな。
もう二度と、ひとりにはなりたくなかったのかもしれない。

そう思うと…人間って功罪大きい生き物やねえ…タメイキ

散歩のときも、預かりさんの顔をちゃんと見るそうな。
うちに来た最初の頃はまったく見なかったってえより
人間がいることすら理解できていなかったもんな。

それが、常に人間を意識するようになって、
最後の頃はカメラを構えるだけで
よんだ?
とことこと寄ってきてカメラに鼻ツンするようになって。

他に誰かいないかなー遊んでくれないかなー
いないかなー
って周りのことも気にするようになってて。
右へ左へふらふら歩くのは相変わらずらしいけど。

当初は私のみならずカイヌシすら振り回されるほど
左右にかっとんでたからそれよりはだいぶマシになったんだけど
さすがにまだちょっとそこは…だったみたい。

脚側で歩けるようになるには集中して教える必要があるだろうなあ。
それは飼い主さんに期待するより無いだろう。
それ以外は特に問題ってなさそうかな。

結構可愛い性格もしてるしなあ。
おやつだ
おやつをごそごそしているのに気がつくと、
なーに?
興味に負けてつんつんしちゃうんだけど
すわらなきゃ
お座りしなきゃ!ってすぐに座るようになってた。
初めは座ることすら知らなかったコがだよ?

食べるにしたって、他のコにとられるのが恐いんだかなんだか
必ず自分のケージに入らないと食べられなかったのに
うまいです!
外でだって人のそばなら平気で食べられるようになったし。

食べ物があるだけで幸せ、って顔してたコが
おねだりです
もっとちょーだい?ってお願いするようにもなったし。

やらないかわりに
いーです
こんなことしても怒らんし(笑)

良い子なのです和胡さんは。

どなたか、見つけてやってくださいな。



Pagetop

[Edit]

お花畑は

久々にたぴさんの夢を見ましたんですが…
どてら着て座卓の前に座っている後姿でして。
何やってんの?と声をかけたらくるっと振り向いたたぴさん。

なんで瓶底めがね?

アンタいったいどこへ向かってんのよ?

と慌てて目覚めて考えた。
あれは私に勉強サボってんじゃないわよ、と
言いたかったのかもしれない。

ここんとこ手ぇ抜いてたからねえ…
いやいかんいかん。頑張らんと。
学ばねばならんことは尽きぬのだ。

というわけでお花畑が丸刈りにされた公園。
虫いた
花は無くとも蜂は飛んでいるのが楽しい和胡さん。
背後に聳え立っているのはモデルルーム、建築中
と、某有名高校。

ボルダリングの施設まであるらしーよーこの学校。

なんかすごいねー。
ねー
お花がマルッと刈られたもんで、サッカーグラウンド並みに
大きな広場ができあがっておりまして、ボーダーさんが
走り回っていたりするので和胡楽しげ。

一緒に走るってことはないんだけど、挨拶には行きたがる。
キャバリアの4ヶ月ちびっこに遊べとねだられて
むりー
ひーこらしながらなんとか逃げ出したり。
和胡さん、あんまり積極的すぎる相手は得意ではないらしい。
おとなしい仔犬だと自分から遊びに誘ってやったりするんだけどね。

だいぶ犬らしくなってきてた和胡さん。
いいこですよ

こんな顔を
あは!
一生して暮らせるように。

そんな飼い主さんが
いいね!
早くみつかりますよーに。



Pagetop

[Edit]

結局のところ

えーと、トライアルなんですが。
やっぱ取りやめになりました。
理由は、熱量とか温度の差、みたいなもんかな?

犬のせいではないのよ。

私も含め、保護して譲渡してる人ってこと動物に関しては
熱量がすんげー大きいんですよ。
そりゃもー暑苦しいぐらい^^;
2月18日
同じ熱量や温度を新しい飼い主さんに求める
なんてことはないにしても、差が思ったより大きいと
あれ?もう一回お話しなおしてみましょうか?と思うのね。

その結果、今回みたいに、じゃー止めときますか、
となることもあるわけです。
2月20日
だから仕切りなおしってことで再募集になりました。

んで、だね。

和胡さん、もう一頭別のコと一緒にトライアル
という予定をしていたんでそのコがステイしているおうちに
しばらく滞在しておりましてな。

そのコとの相性は別に問題ない。
猫とも大丈夫。
でも係留をいやがる、ということがわかりましたのよ。

係留ってリードとかで庭あたりに繋いでおくことね。

そうお聞きして、あれ?そうなん?とワタクシびっくり。
あーそういや、うちって
ベランダですから
マンションのベランダだから放しっぱで問題なかったし、
そもそも係留しちゃいけないからやったことなかったわ、と。

おまけに、我が家ってたぴさんモードなので
台所です
台所だろうがなんだろうが出入り自由。
人間が動けばどこへだって着いて歩いていい。
でもこれだと、自由って言いつつ人間べったりになる可能性もある。

和胡さん、ちょっと別な形での修行をしたほうが良さそう。

という話になりましてですね…。
このままそちらのお家にお世話になることになりました。
少なくとも、我が家にいる間に
3月5日
ひも付きで散歩することは覚えましたし、
人間と一緒にいることは楽しいことなのだ
いますよ
ということを覚えてくれましたから、
次の段階にバトンタッチする時期でもあったのだろうと。

あちらのお家の方が里親会会場もシェルターも近いですから
見に来てくれる人が多いし会いやすい。
というわけで我が家の和胡預かりはこれにておしまい。

でも預かりブログとしてリンクがあるので、もうちょい、
ネタがある間は続けますな。


ではTさん、和胡のことよろしくお願いします




Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム