[Edit]

色とりどりです

まずネット通販詐欺情報ね。
知ってる人が実害受けたそうなので。
★apbttk.com という会社。URL: http://www.apbttk.com/★

ペットフードとか格安で売ります、といいつつ
支払い方法はカード払いだけで、先払いだけさせて送らないらしい。
こういうことやってるの、ここだけじゃないけどね。

同じものならできるだけ安く買いたいと思うのは当たり前だけど、
そこにつけ込むのがこの手のサギ商法だから。
ミナサマご注意あそばしませ。

で、本題、色とりどりなのはこちらです。
夏野菜各種
全部ミニサイズ。
蕪に大根にニンジン、あれこれ採れてまっせ~。
無農薬なので葉っぱは取り合い(虫が相手だ)だけど根っこは無事だ。

でもって梅干しもできた。
干して漬けた
正しくは梅漬けと呼ぶそうだけど。
干したやつを梅酢に戻しいれてるからね~。

今年の梅干しも、身震いするほど酸っぱいぜっ^^b

ついでに実家からは冷蔵庫一杯分のトマトも来たし、
んでこれもいただいた。
きいろだよん
まばゆい黄色はゆうさんからいただいた長野のトウモロコシ。

と、いえば。

それは♪
今をさかのぼること6年前、たぴさん7歳のおり。

よっこらしょと
お魚咥えたどら猫ならぬモロコシ咥えたたぴさん。
剥いとくれ、と持ってきた。

ナマでもうまい甘い甘いトウモロコシ、剥いてやったら
がぶり
…ま、やっぱ茹でたほうが消化はよかろう。

茹でて出してやったら
かじかじなめなめ
かじかじなめなめと達者に一本食ってたよ。

たぴさん。
今年もモロコシお供えしたぞ。
あとわぎゅーもお供えしたからな。

それとケーキはグレさんの、久しぶりに買ってきた。
近所のお店が無くなってから遠ざかってたけど、最初に食ったのは
グレさんのケーキだったもんな。

カイヌシが本店行って買ってきてくれたぞい。

どっさり置いてあるから、みんなで、食えよ。


Pagetop

[Edit]

おたぴんのお裁縫講座(1)

なんちゃってべ
ハーネスの作り方です。
基準はおたぴ(17キロ)ですから、中型犬のやや大きめ体格を想定していただければ。
第1回目では材料材料を選ぶ際の注意点縫う前に必要な準備について書いておきます。
ご存じの方はすっとばしてくださ~い。

でもって、まさかとは思いますが一応書いておきます。

無断転載、複製、再配布等、および営利目的での使用を禁じます。
個人でご自分の犬用に作成される場合の参考にのみご使用ください。


なんとならば。
私が個人的に試行錯誤して作成した手順を公開しているだけなので、
市販品のような強度試験は行えていません。
うちの犬では問題ありませんが、わんこは個体差が大きいため、
「このコで大丈夫だからあのコも大丈夫」という保証ができません。
私の方法で作成されたハーネスで事故があっても責任は負えませんので
ご了承ください。
あくまで、市販のものだとうちのコに合うものが無いから作ってあげたい、
という飼い主さんがご利用になる場合の参考として公開します。
ご自分なりの工夫を追加して、ご自分のわんこさんに合う素敵なハーネスを
作ってあげてくださいね。

また、先々での販売を考えていないわけではありませんが、その場合は
犬猫の保護活動への寄与のみを目的とした販売とするつもりです。
これに賛同していただける場合は上記の限りではありませんが、
いかんせん現時点では販売できるレベルではないと判断しております。


では作り方講座始まり始まり~い。

まずどんなものができるかというと
できあがり
こんなです。
つけてみると
つけてみるとこう こうなります。

この形のハーネスを作る材料は
材料一覧
基本、これだけです。
テープの幅は2.5cmを想定しているので、
アジャスターバックル 1個、2.5cmテープが通るもの。
コキ(長さ調節用) 3個、2.5cmテープが通るもの。
Dカン 1個、2.5cmテープが通ることと、溶接をしてあること。
PPTテープ 2.5cm幅、長さ90cmを2本。

です。

上の写真で赤いチェックの布を使っていますが、ここはオプションで、
リボンや、布を切って縫い付けてもいいですし、できあがってから飾りカシメをつけてもいいですね。

次に、材料を選ぶときの注意点です。

アジャスターバックルについて
私はデュラフレックス社のものを使っています。
他に、ニフコ、YKKなどもありますが、填まる時のカチッとした感じが、
デュラフレックスのものが一番安心できる気がしました。
ただし他のものよりごつい感じはするので、テープがもっと細くていい場合や
引きの強くないコなどでは他のものでもいいかもしれません。

コキについて
これもアジャスターと同様、デュラフレックス社のを使っています。
どちらもポリ樹脂ですが、破損は今のところ無いです。

Dカンについて
Dカンには形がいろいろあるのですが、並半月という形が一番、わんこの体に
当たらないように思います。
PPTテープ2.5cm幅を使う場合は、Dカンは2.4cm幅のを使います。
ぎっちり噛ませる感じとでもいいますか。
また、カン自体の太さもいろいろありますが、太さ3mm(やや太)を使っています。
Dカンにはもう一つ注意点があります。
必ず、ロー付け(溶接)してあるものを使ってください。そうでないと、
力が掛かっているうちに繋ぎ目部分から口が開いてしまい、やがて金具が外れます。

PPTテープについて
厚さ1.2mmのものを使っています。
これは、私が作る場合、必ずリボンまたは布を一枚追加しているためですが、
PPTテープだけで縫う場合は1.6mmという厚さのものもあります。
今ではグラデーションで50色ぐらい選べるので、お好みのものを探してくださいね。


最後に縫う前に必要な準備の説明です。
家庭用のミシンでPPTテープを縫うというのは、ミシンにとってかな~り負担がかかることのようです。
実はワタクシ、一度ぶっ壊しました。
原因は釜の中の焼きつき。修理に2万近くかかったと思います。
PPTテープって、一見柔らかいし薄いのでそんなに大変なものには見えません。
ですが摩擦係数が高いため、実際にはデニムの重ね縫い以上の負担になるんだそうです。
ですので、ミシンの速度は一番遅くしてゆっくりゆっくり、時々止まりながら縫うぐらいでいい加減です。
針と糸も、忘れずに厚物用に付け替えておいてください。
細い針だと、刺した途端に折れて飛んでいく可能性があります。
太い針でも10本縫ったところで曲がりました。

準備はあと一つ。
PPTテープの端っこの下処理です。
端っこって、切りっぱなしだとこうなっています。
PPTのびふぉー
これだとほつれてしまうので、処理をしておきます。
方法は簡単。火であぶる、です。
簡易ライターでそーっとあぶると、溶けて縮んで
PPTのあふたー こんな感じになります。

ここまで終わったら、次は縫いに入りま~す。
次回へ続くっ!



Pagetop

[Edit]

おたぴんのお裁縫講座(2)

お裁縫講座(2)では実際の縫い手順を説明します。

まず前輪から。
テープの片方の端をコキ1に通します。
横から見るとこんな感じ。
コキ1ね
んで指で押さえているところを縫います。

縫ったら次にもう一個のコキ(コキ2)、Dカンの順に通します。
通し方は
コキ2ね こんな。

次にテープのもう一方の端をコキ1に通します。
まず下から上。
コキ1とテープのコラボ1
続いて上から下。
コキ1とテープのコラボ2

通ったらテープをぐいぐいっと引っ張って、コキ2に通します。
まず下から上。
コキ2とテープのコラボ1
次に上から下。
コキ2とテープのコラボ2

通ったらまたテープを引っ張って、指で押さえているところを
コキ2縫い縫い 縫います。

これで前輪できあがり。
前輪できあがり


続いて後輪。
やることは一緒です。
まず アジャスターの片割れ
アジャスターの、こういう形のほうを縫い止めます。
次に残りの片割れをテープに通すんですが、
最初にコキ、次に片割れ、の順に通します。
後輪のコキと片割れね

んでもう一回、コキにテープの端を通します。
回り込んでもう一回
ぐるっと回りこんで通してくださいね。

この後から通した端っこを縫い止めます。
端を縫うんですよ~

これで後輪できあがり。
後輪あがりです

最後に前輪と後輪を繋ぎます。
これは次回…(3)に続く!

Pagetop

[Edit]

おたぴんのお裁縫講座(3)

ハーネスの縫い方その(3)、これで最後です。
まず、Dカンを通したほう、前輪ですね、これを加工します。

Dカンの部分は、動かないように縫い止めておきます。
動き止めるの 真っ直ぐね。

このとき、Dカンにミシンのおさえが乗ってしまうとミシンが壊れるので、
ぎりぎり おさえが乗っからないぎりぎりのところを
縫うようにしてください。

ここが縫えたらもう一か所、
斜めの線 斜めに縫っておきます。
これは、最後に背中の部分が
開いたとこ
↑のように開くための縫い目です。

わんこが踏ん張ったとき、
引っ張ったらこう
Dカンの止めの部分とこの斜めの部分で形成される
△の部分だけが前に引っ張られるので、すっぽ抜けることがまずありません。
角度はそれぞれのコの体格によって異なります。
おおよその角度は↑の写真でわかると思いますが、
Dカンが背中に当たらないようちょっと浮き上がる角度を探してみてください。

ちなみに、左右に振れたときもこの△の部分が
右へ左へ
右へ左へ動いてくれます。


最後に後輪とつなぎます。
後輪つけます
この角度も、それぞれのコの体格によって異なります。
前輪が首を締めることがない角度を探してみてください。

これで
おしまい できました。

仕上げに、ちょびちょびと飛び出している糸の端っこをライターで焼いておきます。
気をつけないと本体も燃えてしまいますが、焼き縮めておくと
目立たなくなるだけでなく、ほつれにくくなりますよ。

うちのコだけのハーネス、試してみてくださいね~。ニコッ♪

Pagetop


プロフィール

とどくろっと

Author:とどくろっと
みなさまこんにちは。おたぴ、2014年5月14日に12歳11か月と14日でこの世を去りました。
おたぴがいた毎日を残しました。あとは時々私が毒を吐いています。
登場メンバーはこちら。
おたぴ:犬です。
カイヌシ:おたぴの飼い主、とどくろっとの相方です。
かーちゃん:カイヌシ母です。
とーちゃん:カイヌシ父です。
どうぞよろしく!

最新記事

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム